カンジダ膣炎について説明する男性医師

おりものに異常が出る性病

体に異常が出た女性クラミジアや淋病など、性病の疑いがある場合にはおりものの変化を見ればそれがわかります。
クラミジアの場合には細菌性膣炎といってクラミジアの原因菌が膣内で増殖することによって炎症が起こっていきます。
淋病の場合も同様で、淋菌性膣炎となり患部に様々な症状があらわれるようになります。
もちろん、おりものに何かしらの変化があったから必ずしも性病になっていると断定できるものではありませんが、淋菌性膣炎や細菌性膣炎かもしれないという判断には役立っていきます。

では、具体的にこうした淋菌性膣炎や細菌性膣炎になった時にはおりものにどんな変化があらわれるのでしょうか。
淋菌性膣炎の場合おりものの色が黄色い膿のような状態になっていきます。
これはおりもの内で淋菌などの雑菌が繁殖しているということで、身体はその雑菌繁殖に抵抗しようと反応しています。
細菌性膣炎の場合もこのおりものの異常は同様で、これに加えて臭いにも変化があらわれてきます。
魚のような生臭い臭いが続く、もしくは患部に強いかゆみがでてくるなど、不快な症状があらわれるようになります。

こうした異変を少しでも感じたら、まずは性病なのかもしれないと疑いを持つことが大切です。
女性の場合、ちょっとした疲れ、体調不良でもおりもは変化していきますが、だからといって楽観視するのは危険です。
こうしたおりものの異常法放置することによって性病のを見逃してしまうことになりますし、結果的に症状が悪化してから始めてその存在に気が付くということも起こりえます。

性病は早め早めに治すに越したことはありません。
特に、クラミジアや淋病の場合には自然治癒することはないため、自分で身体の変化に気づき、対処していくしか方法はありません。
自分の身体を守るためにはもちろんですが、無駄に自分の周りに性病を感染を拡大していかないために日ごろからおりものの変化に注意していくことが大切になってくるわけです。

妊娠初期は茶色いおりものが出る?

女性の場合、妊娠初期にもおりものの変化を感じ取ることがあります。
おりものに茶色が混ざっているときであれば、これは着床出血と言って受精卵が子宮内に着床したときにあらわれるものです。
茶色はいわば血液なのですが、ごくごく微量の出血なので中には気が付ない人もいるほどです。
妊娠初期になればみんなが経験するというものではありませんが、先に挙げたような性病の時のおりものの変化とは違うため、注意していきましょう。

また、この他にも妊娠初期のおりものには変化があらわれます。
それはおりもの量についてです。
おりものの量が極端に多くなったり、あるいは水っぽく感じたりすることが多くなります。
もちろん、症状のあらわれ方には個人差があるため、一概に言い切ることはできません。
とはいえ、おりものの色や臭いに性病の時のような変化がなく、量が純粋に多くなったというのであれば妊娠を疑ってみるのも一つの手です。

おりものが変化するタイミングはホルモンバランスが変化したとき、あるいは性病などで膣内の状態が悪くなった時などです。
その見極めに関しては先に挙げたようなポイントがありますが、まずは性病とおりものの関係についてしっかりと知識を身に着けていくことが大切です。
おりものに変化があるからといってすぐに性病だと断定できるものではない、これは妊娠の場合でもそうですが、あくまで病院受診までのチェック方法として捉えておくといいでしょう。

正確な性病の診断、もしくは妊娠の判断は、病院で診察を受けてみないことにはわかりません。
最後まで自己判断でことを勧めるのではなく、最終的には医師の助けを借りることも大切になってくるというわけです。
おりものに何かしらの変化があった場合には参考にしていくのがおすすめです。