カンジダ膣炎について説明する男性医師

カンジダ膣炎の治療方法とは

治療薬カンジダとは真菌というカビの一種です。
カンジダ膣炎とはそのカビによって起こされる膣炎の事です。

診断は膣からの分泌物を少量採って、顕微鏡で見ると、カンジダの特徴的な酵母様真菌が増殖しているのが観察されるのですぐに診断がつきます。
女性の5人に一人は罹ったことがあるというカンジダ膣炎ですが、このカンジダについて案外知られていない事実があります。

病気を起こしている原因の菌というと悪者と見られがちですが、実はこのカンジダは誰の膣内にも存在している常在菌のひとつなのです。
成熟女性の膣内は通常、デーデルライン膣桿菌と呼ばれる善玉菌によって酸性に保たれており、外部からの雑菌の侵入を防いでいます。
これを膣の自浄作用といいます。

ですから少数存在するカンジダもそれ以上増える事無く、悪さをしないで共存する事が出来ています。
この状態が何らかの原因、たとえば妊娠や、抗生物質の内服等によって乱されると、常在菌叢のバランスが崩れ、カンジダが異常に増え始め、炎症を起こすようになった状態がカンジダ膣炎です。

また更年期でもホルモンの変化により、膣内を酸性に保っていたデーデルライン膣桿菌の減少によって自浄作用が衰え、カンジダや他の雑菌が増殖し易くなります。
治療方法としては抗真菌薬が選択されます。
膣に挿入するタイプの薬が主で、軟膏も併用される事が多いです。

カンジダはもともと存在するものなので、抗真菌薬で完全に叩いたとしてもいつかはまた必ず戻って来ます。
そして睡眠不足、疲労、病気、ストレス、栄養のアンバランスあるいは免疫抑制剤の使用等によって宿主の免疫力が落ちたり、膣の自浄作用が低下した場合に再び増殖して膣炎を起こすというメカニズムになっています。

実際に、カンジダ膣炎を何度も繰り返す人がたくさん居ます。
ですから、抗真菌薬使用の目的は増えすぎたカンジダを一度徹底的に減らして症状を軽減する為、また性行為等で他人に感染させる可能性を低くする為のものとなっています。

カンジダは自然治癒することある?

以上がカンジダ膣炎についての一般的な原因と治療法でしたが、カンジダは治療しないでも自然治癒することがあるのでしょうか。
答えはイエスです。
ただし、これは軽症の場合で、重症化したものはやはり治療が必要になります。

カンジダ症は他の日和見感染症同様で、通常なら悪さをしない筈の菌が体の免疫力が落ちている状態で増えすぎて悪さをする病態なので、軽症であれば免疫力を高めるだけでもカンジダの異常な増殖から回復できる可能性があるのです。
また、常在菌叢を乱す引き金となった抗生物質を中止すると、正常な菌叢が戻り、結果的にカンジダの増殖が抑えられ、自然治癒した例も実際に多くみられています。

このように、抗真菌薬に頼らなくても、時間はある程度かかりますが、カンジダをコントロールすることは可能なのです。
つまり、抗真菌薬だけが唯一の治療方法ではないと言う事です。

抗真菌薬も他の薬剤と同様で当然副作用もありますから、もし使わずに済むのであればそれに越した事はありません。
カンジダ膣炎と診断されたらまず、生活習慣を見直し、睡眠が十分足りているか、疲れすぎたり、ストレスが溜まっていないか、栄養のバランスはどうか等についてチェックし、改善する必要があればまずそれをすることが薦められます。

これは薬を使って治療した場合の再発防止に有効な方法でもあります。
それに合わせて気を付けたいのが局所の清潔です。

じめじめした、蒸れ易い環境で増えやすくなりますから、日頃から下着はこまめに着替え、清潔を保つ事です。
でも清潔と言っても洗いすぎたり、ウォシュレットや使い捨てビデの過剰な使用は逆効果になります。

正常菌叢までも洗い流されてしまうからです。
生活習慣の改善による免疫強化は他の病気の予防にも役立ちますので、日頃から心がけましょう。