カンジダ膣炎について説明する男性医師

カンジダ菌は母子感染することもある

母子人の身体には常在菌としてカンジダ菌が皮膚などに住みついていますが、妊娠するとこのカンジダ菌が発症してしまいます。
これは妊娠するとホルモンバランスが変化するためだったり、免疫力が低下するため、妊娠するとおりものが増えて下着の中が蒸れやすくなり、カンジダ菌もどんどん増えてしまためなどといった理由が原因となります。

妊娠だけではありません。
日々の生活の中でストレスを感じたり、抗生物質を飲むことでカンジダを発症する人も少なくありません。
それくらい日常生活が体に及ぼす影響によってカンジダ菌をはじめとする常在菌は左右されるのです。

カンジダ菌は薬を飲んだり、膣内の洗浄や消毒をすると症状は改善しますが、妊娠すると何度も再発してしまいます。
これは妊娠中の身体の変化がどうしてもそうさせてしまうのですが、それでもこまめに下着を代えたり、締め付けた下着をつけないなどの意識は大切です。
陰部は石鹸で洗うのではなくシャワーで洗い流すなど気を遣うと、少しでも再発を軽減することができます。

ただ、妊娠中に何度もかかるカンジダ菌ですが、出産前にはきちんと治しておかなければなりません。
というのも、母体から胎児が産道を通って出ていく際に、膣カンジダを患ったままでは、胎児がカンジダ菌に産道感染してしまう可能性が高いためです。

産道感染してしまった胎児は、口の中や股に白いカビが生えてしまう鵞口瘡という症状が表れますが、命に危険が及ぶような病気ではないので、適切な治療を受けることで完治します。
ただ、母体から胎児への感染経路としては、産道感染だけではありません。
感染経路として授乳も挙げられます。

母体の乳首にカンジダ菌が増殖してしまった場合には、授乳の際に乳児が乳首を吸う時に感染してしまう場合があります。
なので授乳前には乳首を清潔にしておく必要があります。
授乳は一日に何度もしなければならないので、ケアも大変ですが赤ちゃんへの感染を防ぐ意味でも清潔にしておきましょう。

男性がカンジダに感染するとどんな症状が出る?

女性に多いとされるカンジダ菌の感染ですが、実は男性も感染することがあります。
もともとカンジダに感染しても、男性は性器が露出しているため乾燥しやすい環境にあることから、菌が増殖しにくいので清潔にしていれば発症することはありません。
しかも、症状が女性に比べて出にくいとされています。

ですが、包茎の人や抗生物質を飲んでいる人は発症しやすいです。
男性の場合は特に亀頭や包皮にカンジダ菌が発症するため、亀頭包皮炎を引き起こしてしまいます。

カンジダ菌による亀頭包皮炎の症状としてあげられるのが、まずかゆみです。
かゆみの症状が個人差がありますが、症状の重い場合にはひどいかゆみに襲われることもあります。

そして大きな症状として、白い垢やカスのようなものがみられることが挙げられます。
湿った状態では白いカスや垢が亀頭や包茎部分に付着していますが、乾くとそれが乾燥してカサカサにはげてきます。
健康な場合にはペニスから垢やカスはほとんどでないため、この症状がみられる場合には、カンジダ性の亀頭包皮炎が疑われます。

そして、カンジダ菌が炎症を起こしてペニス全体が赤くなることがあります。
また、炎症を起こしている部分は裂けやすく傷ができやすい状態になっているため注意が必要です。

さらにそのほかの症状として、痛みをや違和感を感じる人もいますし、尿道にカンジダ菌が感染するケースもあります。
尿道に感染してしまうと、尿道炎を引き起こしてしまうことがあるのです。
尿道炎はまれですが、カンジダ菌が原因の場合はカビを殺すための薬を処方してもらわないと意味がありません。
実際、他の細菌などが原因の尿道炎として間違われるケースも多くあります。

カンジダを発症してしまったかなと思ったときは、既に症状が出ている時です。
なので無理に自分で何とかしようと思わずに、泌尿器科で医師の診察を受けましょう。