カンジダ膣炎について説明する男性医師

デリケートゾーンの洗いすぎはカンジダを悪化させる

せっけん水デリケートゾーンを清潔に保つことはとても大切なことですが、時にその行為が悪い結果を招くこともあります。
そもそも、デリケートゾーンはおりものや汗などの関係でとても蒸れやすい状態になっています。
普段から下着におおわれているということも関係して、雑菌がより繁殖しやすい状態になっているというわけです。

だからこそ、常に清潔を心がけることはとても大切になってくるわけですが、時に間違った手入れの方法でデリケートゾーンを傷つけてしまったり、あるいは体に良い菌まで洗い流してしまう恐れがでてきます。
例えば、入浴時にデリケートゾーンを洗っていくとします。
この時、一般的なボディーソープなどを使って患部を洗うと、刺激が強すぎてカンジダ膣炎を悪化させてしまいます。
それこそ、雑菌だけでなく、雑菌の増殖を普段から防いでいる体に良い菌まですべてを流しだしてしまうわけです。

カンジダ膣炎の場合、こうした体に良い菌まで減ってしまうことでカンジダ菌の異常繁殖を引き起こしていきます。
カンジダ膣炎になって症状が気になるからと言ってさらにデリケートゾーンを洗いすぎてしまうと、症状が悪化していく恐れも出てきます。
まさに悪循環を招くことになるわけです。

こうしたカンジダ膣炎を治すために、予防するためにはどうしていけばいいのでしょう。
まずは、デリケートゾーンの洗いすぎをやめることが先決です。
患部を清潔に保つことは大切ですが、それには限度というものがあります。
少なくとも、体に良い菌、おりものまですべて洗い流してしまう行為は体にとってマイナスにしかなりません。

そして、カンジダ膣炎になっている時にはおりものシートの扱いにも注意が必要です。
おりものシートはその存在が雑菌の温床となります。
こまめに取り換えをしていればまだいいのですが、仕事やプライベートの影響で長時間おりものシートを装着しているようであれば、そこで雑菌が繁殖して治るものも治らなくなっていきます。

デリケートゾーン専用のソープでやさしく洗う

デリケートゾーンの正しい洗い方について、一般的なボディーソープを使うのは危険です。
デリケートゾーンを洗う時専用のソープが市販されているので、こうしたアイテムを積極的に使っていくようにしましょう。

デリケートゾーンは皮膚が非常に薄く敏感な部位です。
粘膜がむき出しになっている部分もあるので、できるだけ刺激の少ない専用ソープを使うのがベストというわけです。
専用のソープであれば、体に良い菌まですべてを洗い流すことはありませんし、肌への刺激も最小限に抑えることが出来ます。

本来であれば、ソープを使わずにただの水、お湯をあてるだけでも十分なのですが、カンジダ膣炎のようにおりものの変化やかゆみの症状が出ている場合には専用ソープを用いるのもおすすめです。
専用ソープ自体は薬局や通販サイトで簡単に購入することが出来ますし、値段もさほど高くはありません。
たったそれだけの工夫でデリケートゾーンのトラブルを回避できるのですから、これは取り入れていくに越したことはありません。

そして、専用のソープを使う際にもいくつかのポイントがあります。
それはボディタオルなどを使わないという点、洗う際には手を使って優しく洗うという点です。
ボディタオルの中には肌に優しく、柔らかい素材を使っているものもありますが、それでもデリケートゾーンの粘膜には刺激が強すぎることがあります。
そこで傷がついて雑菌が体内に入り込めばさらなる炎症を引き起こす事になるため、注意が必要です。
手で優しく洗う方法であれば、少なくともその危険はありませんし洗いすぎでさらなる症状を引き起こす心配もありません。
デリケートゾーンを洗う際にはこうした点を押さえていくようにしましょう。