カンジダ膣炎について説明する男性医師

女性は婦人病にも注意が必要

子宮女性特有の病気として、子宮内膜症などの婦人病があります。
1度は耳にされたことがある子宮内膜症は、正常であれば子宮の内側だけにあるはずの内膜が、卵巣や骨盤と接している部分に現れる婦人病です。
原因は現在も不明で、月経が子宮以外の場所で起こるため、血液が排出されずに問題が起こります。
卵巣で起こった場合は卵巣嚢腫の1種であるチョコレート嚢腫となり、卵管で起こると不妊の可能性もあります。

子宮筋腫は月経量が多くなり、期間も長くなる症状が現れます。
子宮筋腫を発症すると、子宮の筋肉や内膜の下に良性の腫瘍ができます。
30代以降の女性の3人に1人は、子宮筋腫を持っているとされるほど婦人病のなかでは良く見られるものです。
注意するべきなのは子宮の外側に出来るしょう膜下筋腫で、大きくなると周囲の臓器を圧迫し腰痛や便秘などの症状を起こします。

子宮内膜増殖症は婦人病でも、あまり耳にされることが少ない病でしょう。
子宮内膜増殖症は子宮内に内膜が現れるのですが、増殖してしまうことで痛みが強くなる他に経血量が多くなったり、月経が終わった後に不正出血などが発生します。
40代以降に多く発症する婦人病といわれていましたが、近年では40代よりも若い女性にも見られるようになっています。

卵巣嚢腫は卵巣が良性の腫瘍で腫れてしまった状態をいう婦人病です。
正常であれば2cmから3cmほどの大きさである卵巣ですが、ウエストがきついと感じるほど腫れて仕舞う場合があります。
水のような内容物が溜まった「しょう液性嚢腫」と、髪の毛や脂肪が溜まる「デルモイド嚢腫」があるのですが、卵巣嚢腫を自覚させる症状は殆どないことが注意すべき点です。

機能性月経困難症は、検診などでは原因となる病気が明確に見つからない婦人病です。
機能性月経困難症は、女性ホルモンであるプロスタグランジンの分泌が多いことが要因とされ、生活や仕事に支障がでるほどの痛み(背中から腰)が出ます。
また、吐き気があったり、実際に嘔吐して仕舞う場合もあります。

子宮頸がんワクチンは接種するべき?危険性は?

婦人病のなかでも重篤となるのが、子宮頸がんです。
子宮頸がんは殆ど症状がないため、不正出血などで病院を受診したときには、がんが進行してしまっている場合もある怖ろしい婦人病です。

子宮頸がんは子宮の入り口や産道部分に出来るがんで、20代から40代の女性が最も多く発症します。
原因となるのは、性交渉によってヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することです。
ですので、性交渉の経験がある女性であれば、誰であろうと子宮頸がんを発症する可能性があるという訳です。

子宮頸がんは症状が乏しいため、気付き難いがんでもあります。
強いて言うなら、おりものの量が増えたり、不正出血などがあげられますが、これらで検診を受ける方はまずいないでしょう。
そのために予防としてワクチンがあります。
ヒトパピローマウイルスは感染してしまうと、治療が出来ないので、ワクチンは性交渉の前に接種する必要があります。

ワクチン接種で不安に思われるのが、原因不明の痛みがあわられる危険性があることでしょう。
ワクチンによる予防策ではあっても、痛みの危険性を考えると小学生や中学生が接種するべきものではないのかもしれません。
また、婦人病のがんを発症するリスクを持つ、全てのウイルスに対応できるワクチンではありません。
いずれ結婚するであろう女性が、成人してからどうすべきか判断しても遅くはないでしょう。

子宮頸がんの検診を受けている方は20%ほどと、非常に低い状態となっています。
若い女性の場合は恥ずかしさもあり、殆ど受けられていないようです。
また、検診でも発見できない子宮頸がんもあり、その原因となるのがヒトパピローマウイルスの18型といわれます。
これらの条件を考慮して、ワクチンの接種についても選択肢のひとつに加えておきましょう。